イントロダクション

いじめによる死亡事件に着想を得た物語

 その衝撃的なタイトルと内容により物議を醸した監督作『先生を流産させる会』(11)で長編デビューを果たした内藤瑛亮が、再び自主映画のフィールドで世に放つ待望の新作。

 近年は『ライチ☆光クラブ』(15)や『ミスミソウ』(17)といった原作物の商業映画でメガホンを取ってきた内藤監督が「“撮りたいから撮る”という映画作りの原点に立ち返った」と語る本作は実際に起きた複数の少年事件に着想を得て、いじめによる死亡事件を起こした加害少年とその家族、そして被害者家族の姿を描いたオリジナル作品である。

 本作を制作するにあたり、撮影前には小学生から高校生までの16人の子どもたちを対象としたワークショップが開催された。そこでは、少年犯罪を扱った映像作品をテキストにした演技レッスンや、実際の少年事件に関する資料の朗読、ゲスト講師による少年法の解説など、映画制作という枠を超えた“教育的”アプローチが取られ、撮影前から参加者に問題意識を育ませる手助けになった。

 こうしたワークショップを経て開始された撮影は、監督のこだわりから、2017年の夏、年をまたいで翌年の冬、そして春に断続的に行われた。季節による風景の変化や役者の成長を取り込み、作品に豊かな広がりを加えていった。

 『先生を流産させる会』と同時期から長年温め続け、ようやく実現にこじつけた内藤監督渾身の一作は、我々に様々な問いを投げかける。果たして子どもを殺した子どもは罪とどう向き合うのか。周りの大人たちはそんな子どもをどう受け止めていくのか。いじめや少年事件という社会問題を通じて、現代に蔓延する生きづらさを鋭く切り取った本作は、観る者の価値観や倫理観を激しく揺さぶるに違いない。

 今、内藤監督による“教育映画”2時間目が開始を告げる。

ストーリー

少年たちは同級生を殺した。だが、裁かれなかった。

とある地方都市。中学一年生で不良少年グループのリーダー市川絆星(いちかわ・きら)は、同級生の倉持樹(くらもち・いつき)を日常的にいじめていた。いじめはエスカレートしていき、絆星は樹を殺してしまう。警察に犯行を自供する絆星だったが、息子の無罪を信じる母親の真理(まり)の説得によって否認に転じ、そして少年審判は無罪に相当する「不処分」を決定する。絆星は自由を得るが、決定に対し世間から激しいバッシングが巻き起こる。そんな中、樹の家族は民事訴訟により、絆星ら不良少年グループの罪を問うことを決意する。

果たして、罪を犯したにも関わらず許されてしまった子どもはその罪をどう受け止め、生きていくのか。大人は罪を許された子どもと、どう向き合うのか。

信じることが愛なのか、守ることが罪なのか。倫理観が試される―。

キャスト

  • 市川絆星 役
    上村 侑(うえむら・ゆう)

    2002年 鹿児島県出身

    <活動歴>

    『サファイア』橋本根大監督
    『GALLERY X 伊藤万理華の脳内博覧会 ショートフィルム』柳沢翔監督
    「仮面同窓会」(THK)
    GANG PARADE「ブランニューパレード」MV
    日本コカ・コーラ「サマーTVCM 熱さのリレー篇」
    大塚製薬「カロリーメイト 小さな栄養士 チョコレート篇」

  • 市川真理 役
    黒岩よし(くろいわ・よし)

    1974年 大阪府出身

    <活動歴>

    元プロスイマー(1988ソウル五輪代表)
    『ウルヴァリン SAMURAI』ジェームズ・マンゴールド監督(ヒロインスタントダブル)
    『THE TEMPLE』マイケル・バレット監督
    『進撃の巨人』樋口真嗣監督
    「鈴木光司リアルホラー 杭打ち」(BSフジ)
    「BG 身辺警護人」(EX)
    「シャーロック」(CX)

  • 櫻井桃子 役
    名倉雪乃(なぐら・ゆきの)

    2001年 静岡県出身

    <活動歴>

    バイトと両立しながら静岡県内の高校に通学中

  • 倉持 樹 役
    阿部匠晟(あべ・たくや)

    生年・出身非公表

    <活動歴>

    都立高校に通学中。

  • 宮代莉子 役
    池田朱那(いけだ・あかな)

    2001年 群馬県出身

    <活動歴>

    「いだてん」(NHK)
    「歌のおじさん Eたん」(Eテレ)
    「悪党」( WOWOW)監督:瀬々敬久
    『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 監督:河合勇人
    『まだ見ぬ あなたに』主演  監督:小澤雅人

  • 小嶋匠音 役
    大嶋康太(おおしま・こうた)

    2002年 東京都出身

    <活動歴>

    『闇金ウシジマくんpart4』山口雅俊監督
    「軍師官兵衛」(NHK)
    「まれ」(NHK)

  • 高橋蒼空 役
    清水 凌(しみず・りょう)

    2001年 神奈川県出身

    <活動歴>

    県立高校に通い、合唱部に励む。

  • 井上緑夢 役
    住川龍珠(すみかわ・りゅうじゅ)

    2003年 東京都出身

    <活動歴>

    『下忍 ~青い影~』山口義高監督
    『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』小林勇貴監督
    日本マクドナルド「パイセン編」

  • 佐々木円 役
    津田 茜(つだ・あかね)

    2001年 神奈川県出身

    <活動歴>

    毎週演技のレッスンに通っています。

  • 村田 鈴 役
    西川ゆず(にしかわ・ゆず)

    2003年 埼玉県出身

    <活動歴>

    『トイレの花子さん新章花子vsヨースケ』鳥居康剛監督
    舞台「ホス探へようこそ The Last Valentine」
    舞台「実は私は」

  • 倉持 茜 役
    野呈安見(のてい・あみ)

    生年・出身非公表

    <活動歴>

    芸能活動はしていません。高校に通学中。人力飛行機部に励む。

  • 蓮見春人 役
    春名柊夜(はるな・しゅうや)

    2002年 神奈川県出身

    <活動歴>

    2007年頃より有限会社スマイルモンキーにて、子役として活動。
    CM、ドラマ、映画や舞台などを経験。
    高校では文芸部に入り、部員として初の小説「名は過去を運ぶ」で、神奈川県優勝を果たす。

  • キャロル 役
    日野友和(ひの・ともかず)

    2002年 東京都出身

    <活動歴>

    非公表

  • 丸山寧々 役
    美輪ひまり(みわ・ひまり)

    2005年 東京都出身

    <活動歴>

    静岡新聞CM
    その他、舞台を中心に多数出演

  • 松本香弥憂 役
    茂木拓也(もぎ・たくや)

    2003年 埼玉県出身

    <活動歴>

    舞台「ママと僕たち」
    日本政策金融公庫グラフィック広告

  • 三浦 凛 役
    矢口凜華(やぐち・りんか)

    2003年 茨城県出身

    <活動歴>

    『波濤』万田邦敏監督
    『狼の詩』東本三郎監督
    『欲望の怪物』松本卓也監督

  • 藤野 結 役
    山崎汐南(やまざき・せな)

    2002年 神奈川県出身

    <活動歴>

    シンガーソングライターSENAとして活動。
    Sony music the LESSON6期生。
    9歳から独学で作詞作曲を始めピアノで弾き語りをして、オリジナルは90曲以上。

  • 倉持武彦 役
    地曵 豪(じびき・ごう)

    1976年 東京都出身

    <活動歴>

    『実録・連合赤軍 浅間山荘への道程』若松孝二監督
    『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督
    『The Outsider』Martin Zandvliet監督

  • 倉持絵梨夏 役
    門田麻衣子(かどた・まいこ)

    1979年 茨城県出身

    <活動歴>

    劇団⭐︎新感線「阿修羅城の瞳」
    演劇集団Z団、全公演
    ネオロマンスステージ「遙かなる時空の中で」全公演

  • 市川祐司 役
    三原哲郎(みはら・てつろう)

    1979年 埼玉県出身

    <活動歴>

    『ケンとカズ』小路紘史監督
    『ゼンラレジスタンス』西川達郎監督(岡村島映画祭助演男優賞受賞)
    『終末の獣たち』佐々木優大監督

  • 四宮美紀 役
    相馬絵美(そうま・えみ)

    <活動歴>

    『電車を止めるな!』赤井宏次監督
    「99.9~刑事専門弁護士~」(TBS)
    King Gnu 「飛行艇」MV

スタッフ

  • 監督
    内藤瑛亮(ないとう・えいすけ)

    1982年生まれ。愛知県出身。映画美学校フィクションコース11期生修了。
    特別支援学校(旧養護学校)に教員として勤務しながら、自主映画を制作する。短篇『牛乳王子』が学生残酷映画祭・スラムダンス映画祭はじめ国内外の映画祭に招待される。初長編『先生を流産させる会』がカナザワ映画祭で話題となり、2012年に全国劇場公開され、論争を巻き起こす。教員を退職後は、夏帆主演『パズル』や野村周平主演『ライチ☆光クラブ』、山田杏奈主演『ミスミソウ』など罪を犯した少年少女をテーマにした作品を多く手掛ける。2020年、約8年振りとなる自主映画『許された子どもたち』を制作。

    【主な作品】

    映画:『ミスミソウ』『鬼談百景』『ドロメ』『ライチ☆光クラブ』『高速ばぁば』『先生を流産させる会』『牛乳王子』
    ドラマ:「名もなき復讐者ZEGEN」「仮面同窓会」「不能犯」「悪霊病棟」
    MV:リーガルリリー「ぶらんこ」「うつくしいひと」、超特急「Beautiful Chaser」

    監督コメント

     最初にプロットを書いたのは、2011年の夏でした。自分が小学校高学年の頃に起きた山形マット死事件に着想を得た企画です。
    商業映画として成立させるため交渉を続けましたが、進展は得られませんでした。
    2015年に川崎市中一男子生徒殺害事件が起き、制作への思いが高まりました。
    2016年に自主映画として制作することを決意し、2017年の夏、年末年始、2018年の春にかけて撮影を敢行しました。1年に及ぶポストプロダクションを経て、2019年夏に完成しました。
    遠回りしましたが、時間をかけたからこその濃密さが作品に詰まっています。
    2020年5月、ついに観客の皆さまへ届けることが出来ることを嬉しく思っています。

予告篇

劇場情報

エリア
劇場
上映開始日
特別鑑賞券

※窓口での特別鑑賞券販売がある劇場での取扱いは公開初日の前日までとなります。

コメント

※準備中

©「許された子どもたち」製作委員会